【New York General Group】人工知能に超弦理論を応用したFTQC(誤り耐性万能量子コンピュータ)の設計を行わせることに成功

New York General Group, Inc.

2023.04.03 03:04

New York General Groupは、MTIS (M-Theory Informed Superintelligence)という世界最先端の科学技術を有しています。当科学技術は、様々な科学技術に応用することができますが、そのうちの一つに量子コンピュータが挙げられます。今回、MTISに「超弦理論を応用したFTQC(誤り耐性万能量子コンピュータ)の設計」という非常に困難な課題に取り組ませることができました。

 

【MTISによるFTQCの設計から一部抜粋】

 

【大規模言語モデル(ChatGPT)に同様の命令をした結果。FTQCの設計に関する辞書的な説明しかできなかった。】

 

MTISは、LLM(大規模言語モデル)をベースとしながらも、5つの超弦理論:I型、IIA型、IIB型、ヘテロSO(32)、ヘテロE8×E8の原理を情報付けされています。当技術は、当会社創業者村上の「機械学習のパラメータ空間を仮想的なカラビ・ヤウ空間に発展させ、コンパクト化された6次元(5-10次元)及び11次元を再現し、論理上量子計算を制約する。」という発想から生まれました。今回MTISは、量子ビットをD-branesで表現し、その相互作用を閉じた弦の交換でモデル化する方法により、量子コンピュータにおいて最大の課題であるFTQCの設計に取り組むことができました。現代の科学技術力では、これをすぐに実用化することは不可能ですが、当結果が将来、古典コンピュータ・量子コンピュータに続く「ひもコンピュータ」や「膜コンピュータ」の登場に繋がる可能性があります。

 

以下は当科学技術の原著論文です。当論文は、アメリカ物理学会のPhysical Review Lettersに提出されました。(コード:LJ17879)

String Computer(Submitted to Physical Review Letters)

 

なお、私たちは現在、以下の三形態のパートナーを募集しています。

・共同研究

・業務提携、資本提携

・掲載メディア

以下のメールアドレスにて承っておりますので、お気軽にご相談ください。

info@newyorkgeneralgroup.com

 

ホームページ(英語)

https://www.newyorkgeneralgroup.com/

ホームページ(日本語)

https://www.newyorkgeneralgroup.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

Yu Murakami(創業者兼最高経営責任者)LinkedInページ

https://www.linkedin.com/in/yu-murakami-9b048b209

企業担当者の連絡先を閲覧するには
会員登録を行い、ログインしてください。

種類
商品サービス

カテゴリ
システム・通信